浮気 離婚

離婚という選択肢

永遠の愛を誓い合って結婚しても、浮気をする人は幾らでもいます。許すか許さないか、という話になりますが浮気で離婚というケースに発展することも珍しくありません。

やはり信じていた相手に裏切られることほど辛いことはありませんからね。話し合って離婚を免れても、以前のような暮らしはもうできないかもしれません。

離婚することになった場合、考えなくてはいけないことややるべきことはたくさんあります。特に子どもがいる場合は、親権をどちらが持つかでもめることも多いですね。

ある程度の年齢になっていれば、子ども自身に決めさせてもいいでしょう。プラスして養育費や、財産の分与についての話し合わなくてはいけません。

 

離婚自体は離婚届に判を押して役所に提出すれば、成立するものです。もちろんお互いの同意が必要ですが、手続き自体は簡素なものなのです。

それ以外のことに時間がかかる場合がほとんどです。嫌になった相手と話し合うことが苦痛だという方もいるでしょう。

そういった場合は弁護士を通じて離婚することもあります。調停離婚や裁判離婚などの司法を通じて行う場合は、弁護士の協力が必要になってきます。

離婚を拒否するパートナーもいるでしょう。浮気の場合、ほとんどが体の関係に発展しているでしょうから、その行為を「不貞行為」として離婚することが可能です。

できればお互い納得できる協議離婚で決着をつけたいところです。一度は愛し合った二人です。離婚の話し合いをしているうちに復縁することだってあるかもしれません。

このサイトでよく読まれているページはこちら