浮気 慰謝料 請求

慰謝料の請求と下準備

長い人生、浮気をしてしまうことも人間ならあることです。ちょっとの火遊びで済むならまだしも、事実が相手のパートナーにばれて慰謝料を請求されることがあります。

そうなった場合、慌てずに対処することが大切です。まず請求が誰からきているか確認しておきましょう。相手のパートナーでも、ただの手紙には効力はありません。

内容証明で送られてきている場合は、対処する必要があります。早めにきちんとした対処をしないと、嫌がらせに発展することもあるので要注意です。

内容証明が行政書士や弁護士といった専門家から送られてきている場合は、文書にのっとって対処していきましょう。こちらも専門家を挟んで対処するのが一番安心で賢いやり方です。

 

当事者同士がやりとりをすると、感情が入りますのであまりよくありません。本当は支払わないでいいものまで、支払ってしまう可能性もあります。

例えば、浮気相手が既婚者でしかも「離婚前提で別居」状態だったとします。この場合慰謝料の請求は基本的に認められません。

また、結婚していることを知らなかった(相手が隠していた)、知ることが不可能な状態だった場合も同じです。肉体関係が合意の上でなかった場合も同様です。

慰謝料の請求が認められない条件というのが幾つかありますので、その点を含めて再確認の必要があります。決して全て向こうの要求を飲んで早まった対処をしないようにしましょう。

もちろん、対処は行ってください。無視しているとより悪い状況に発展することがあります。浮気という悪いことをしたのは事実ですから、きちんと償いましょう。

このサイトでよく読まれているページはこちら