浮気 慰謝料 金額

慰謝料の請求と下準備

浮気をされると、離婚するしないに関わらず心の傷は深いものです。決してお金で償えるものではありませんが、それでもせめてものの印として、慰謝料という形があります。

一般的に慰謝料の額はどの程度が普通なのでしょうか。基本的なことですが、請求する側される側の収入によって大きな差がでてきます。

それを踏まえてですが、浮気によるものの場合は最低でも40〜50万円、多いと300〜400万円程度となるようです。離婚するしないによっても差がでてきます。

離婚するならその後の生活がありますので、若干多く請求できます。相場でいえば100〜400万円というところでしょうか。

離婚しない場合はその後の生活が保障されていますので、50〜200万円程度が相場となります。最大限もらえる額を請求したいですね。

 

どのようにして金額が決まるかというと、浮気や不倫の状況によって変わってきます。ポイントはどちらに主導権があったか、というところです。

パートナーではなく向こうから積極的に誘ってきた、と証拠で確実にわかる場合は向こうにより多くの請求ができます。逆も然りです。

パートナーにも浮気相手にも慰謝料の請求は可能ですが、総額によっては一方に請求できないこともあります。お互いの状況次第ですね。

既婚者同士の不倫という場合は、向こう側のパートナーからも請求がくる場合があります。面倒な構図になりますが、自分は不倫相手からもらうということになりますね。

いずれにせよ、専門家を挟んだほうが話し合いはうまくいくでしょう。複雑になればなるほど、当人同士での解決は避けておきたいところです。

このサイトでよく読まれているページはこちら